DTM@RAG
DTMをもっと楽しむWebマガジン
menusearch

イヤモニ(インイヤーモニター)とは?

イヤモニ(インイヤーモニター)というものを皆さんはご存じでしょうか?

イヤモニとは、歌手やミュージシャンがよく耳につけているイヤホンのような機器のことなのですが、そこからは一体どんな音が流れ、どんな効果があるのでしょうか。

今回はイヤモニについて解説したいと思います。

イヤモニを使う意味って?

イヤモニとは、カナル式イヤホンタイプのモニターのことで、In-Ear Monitor = IEMと略されるときもあります。

いわゆる返しと呼ばれる音が流れており、客席のメインスピーカーから出ている音とは別で、自分の声や他の楽器の音などそれぞれの演奏者に最適なバランスで調整された音です。

主にドームクラスやフェスのライブステージで、歌手やミュージシャンが装着しています。

イヤモニのイヤホン部は、カスタムIEMといって、ヘッド部を耳の大きさや用途合わせてカスタムできるタイプもあります。

参考:カスタムインイヤーモニター(イヤモニ)一覧【e☆イヤホン】

今ではメジャーアーティストの間で当たり前のように使用されていますが、実際に普及に至ったのは、2000年代に入ってからです。

従来のモニターシステムのデメリット

一般的にライブ会場にある音響スピーカーは会場の観客に音を届けるように客席に向いて設置されています。

そのため、ステージ上にいるアーティストはその音をはっきりと聞き取れません。

それを解消するために、アーティスト用には、ステージ足下にあるモニタースピーカー(返しスピーカー、ころがしスピーカー)から、中音と呼ばれるそれぞれの楽器の音や自分の声が聞こえるようになっています。

モニタースピーカーの音は、会場の環境に左右されやすく、理想的な環境を実現するためには、リハーサルなどで繰り返し時間をかけて音を調整することがほとんどです。

小さいライブ会場(ライブハウス)などでは、あまり問題とされないのですが、大きい会場でステージも広い場合は、モニタースピーカーから少しでも耳を離すと音が聞き取れなくなってしまい、正確な音程や演奏をキープすることが困難な状況も珍しくありませんでした。

かといって音量を大きくしてしまうと、2〜3時間ものステージパフォーマンスをこなすアーティストにとっては、耳への負担が多くなってしまい悪影響を与えてしまう原因になります。

これが従来のステージモニタースピーカーが抱えるデメリットです。

  • 大きい会場での反響などによるモニター音の聞き取りづらさ → 音に明瞭感がなく、音程が聞き取れない
  • 大音量で鳴るモニタースピーカー → アーティストの聴力に悪影響を与えてしまう

これらの問題を解決するために、開発されたのがイヤモニなのです。

おすすめの記事あわせて読みたい