DTM@RAG
DTMをもっと楽しむWebマガジン
menusearch
最終更新日:371,011 view

深夜でもOK!どこでもギターの練習ができるアイテムのご紹介

ギターやベースをやっている人なら誰しも「夜遅くの楽器練習で家族や隣近所に迷惑をかけてしまった」という経験があるのではないでしょうか?

エレキギターは、深夜にヘッドホンで練習するのがおすすめです。

アンプサウンドでしっかり練習

エレキギター単体ではそれほど大きい音が出ないのでどこでも練習しやすいのですが、アンプサウンドでしっかり練習すると、さらに楽しんで練習できてモチベーションの維持もしやすくなります。

というわけで、今回は練習などの際に非常に便利なヘッドホンアンプ練習ツールをご紹介します。

近年では安価なものも出ていますので、初心者の方でも手軽に手をのばせますよ。

ヘッドホンアンプって?

名前の通り、ヘッドホン専用アンプのことです。

ヘッドホン端子のない製品に接続したり、より高音質で音楽を楽しむために使用するものです。

もちろんエレキギター用のものもあります。

ヘッドホンアンプのメリットは、ギターを大きい音で鳴らせてヘッドホンで直接モニターできることです。

さらにAUX端子といわれる外部入力端子がついているので、並行してiPodなどの音楽機器もつないで曲を流しながら演奏でき、夜中でも周りを気にせず練習に集中できます。

ちなみに夜中以外でも、「ライブ前の楽屋」「スタジオの休憩室」「学校の休み時間」など、大きい音が出せない場所で活躍します。

深夜でもOK!ギター、ベース用ヘッドホンアンプはこれ

サウンド、利便性が格段に向上!|VOX amPlug2

まだ持ってない人は一台は持っておきたいオススメアイテムです。

差し込むだけでセッティングが完了しますし、時間がないときでもささっと本格的サウンドが得られるヘッドホン・ギターアンプです。

2007年の登場以来、超ロングセラーを続けるamPlugシリーズが一新し、こだわりのアナログ回路を大幅に改良し、各モデルに3つのモードを用意しました。

ギター・タイプにはエフェクト機能、ベース・タイプにはリズム機能がプラスされて、さらに180度回転する収納式プラグ機構、自動電源オフ機能とユーザビリティーも格段にグレードアップしました。

ちなみに最大20時間まで使用可能な電池駆動で持ち運びにも便利ですし、スマホや、デジタルオーディオプレイヤー、CDプレイヤーも接続可能なAUX端子もあります。

もっともシンプルに本格的なサウンドが得られるamPlugなら、イヤホンさえあれば、場所を選ばずさまざまなシチュエーションでギタリストやベーシストをサポートしてくれます。

このヘッドホンをさすだけで|Vox amPhonesシリーズ

なんと先ほど紹介したVOX amPlugシリーズをヘッドホンに直接内蔵した優れものです(笑)。

単純に直接ヘッドホンをギターに接続して、あとは本体のアンプスイッチをONにするだけでOKです。

アンプ部分にはGain(ゲイン)、Tone(トーン)、Volume(ボリューム)、およびエフェクトコントロールを搭載していて、エフェクトにはコーラス・ディレイ・リバーブを内蔵しています。

もちろんスマホや、デジタルオーディオプレイヤー、CDプレイヤーも接続可能なAUX端子も装備しているので利便性も抜群で、アンプ部の電源がOFFの状態の時は通常のヘッドホンとしても機能します。

おすすめの記事あわせて読みたい