DTM@RAG
DTMをもっと楽しむWebマガジン
menusearch

レコーディングエンジニアになるために必要なこと

「レコーディングエンジニアになりたい!」「音響技術を極めたい!」

今回は憧れのレコーディングエンジニアになるために必要な資質やスキルなどをまとめました。

世界は音で溢れかえっている

sound

http://www.refreshingcities.org/how-to-solve-the-sound-problem-on-windows-system/

あなたは今日「音」を聴きましたか?

ミュージシャンが制作した楽曲はもちろん、生活に溢れる身近なものまで、現代では「録音技術」は避けては通れません。

「5分ある曲は聴くのにも5分かかる」

過去の音楽や世の中に出回ってる音楽を含めると、一生かけても絶対聴くことができません。

新しい音楽は今日もどんどん生み出されています。

レコーディングエンジニアはそんな音をキャッチし、音の作品へと仕上げる大切な仕事を担っています。

昔に比べて今は「技術とセンスを持ったレコーディングエンジニア」がより求められている時代に突入しているのです。

あなたの今聴いている音源も、どこかで録音された作品なわけです。

「レコーディングエンジニア」という存在はこの先も欠かすことができない存在なのです。

レコーディングエンジニアの仕事内容は?

graph

http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20110218/110195/?P=2&ST=career&n_cid=nbpwol_else

レコーディングエンジニアは、「音」を録音し、各楽器のバランスをとり、音調整するのが主な仕事です。

  • 各種機材・楽器のセッティング
  • マイクを使用しての録音
  • 音声の調整・編集
  • ミックスダウン…など

当たり前かもしれないですが、レコーディングエンジニアは楽器の演奏はしませんし、楽曲の印税収入などはありません。

音の作業をするためのレコーディングルームで、何度も音を録音したり、聴いたりする作業が一昼夜問わず続きます。

時には深夜に及んだり、泊まり込みなどの時もあります。

ただ闇雲に作業に時間をかけていたら良いというものでもありません。

予算の関係、〆切の案件なども多いので「いかに短い時間でベストな作品に仕上げるか」も現代では求められます。

言葉だけで表現すると過酷な環境に見えるかもしれないですが、作品が出来上がった時の喜びは他のものには代え難いものがあります。

決して表舞台に出るような華やかな仕事ではありませんが、世に溢れる音を制作している素敵なお仕事だとわたくしは思います。

おすすめの記事あわせて読みたい